「やらなきゃなぁ」という”モヤモヤ”をスッキリさせるためには

ゼロ秒思考 行動編

やりたいことがあるのになかなか行動に移せないという悩みを持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

そういう私もブログの更新や読書、ギターの練習、料理、他には中国語の勉強、仕事の事前準備、さらには将来の行動計画などやりたいこと、やっておきたいことなどたくさんあります。

しかし、中国に来てから特にですが、仕事がなかなか思うように進まず、家に帰るのが遅くなり、家に帰ったらソファに座って1時間くらいぼーっとして結局やる気が出ず、寝てしまうということが多いです。

そういう環境にあるのでどうすればすぐに行動できるようになるのかが最近の大きなテーマになっていて、その関連の本を読むことが多いです。

そんなかで今回はまさしく「すぐ行動」をテーマにした本をご紹介したいと思います。

とにかく文字に書く

この本で紹介されている方法は実に簡単です。

A4の紙にとにかく思っていることを書くということです。

何も思考せず、心に浮かんだことを書く。作業としてはゼロ秒ではありませんが、思考はゼロ秒なのでゼロ秒思考。

結果を残している人は即断即決ですぐに行動できる人だ、と言われたら誰もがそうだよねと共感してくれると思いますが、それができたら苦労しないという感じですよね。

こういう即断即決できるのはなぜかというと普段から仮説を考えているからだそうです。

これはこういうことかな、こうなったらこうなるのかなという思考を常にしていることで、実際に関連する情報に触れたときにすぐに決断できるというわけです。

このような事前の準備をする、さらに瞬間的に判断するためのトレーニングがゼロ秒思考のメモ術なのです。

毎日何枚も考えていることを書いているといろいろな思考をするようになり、これが準備になる、しかも特に考えることなくとにかく止まらずに書くことで瞬発力もつくということですね。

このメモ術がすごいと思ったのは「言葉にできるは武器になる」で紹介されている「うちなる言葉を深める」ということや「良い質問をする技術」の中で書かれている自らの3つのVを探すという作業と非常に親和性が高いということです。

効率よく行動したいのにやること増やすの?

とても有効なトレーニングだと思うのですが、効率よく行動したいのにめんどくさそうな行動を増やさないといけないのかと思う方もいらっしゃるでしょう。

実際、やってみるとけっこう大変です。書いてみると意外と思考が止まってペンも止まりますし、紙も大量に使うのでその紙を調達するのも大変です。

とはいうものの、冒頭で書いたようなぼーっとしている時間でも、ソファの脇に紙を挟んだバインダーを置いておけばさっと始められますし、そのときに自分の不安な気持ちを書いたりしていると意外にも「よし、やっぱりやろう」と思い直すことができたりします。

行動できない理由の1つは行動の第一歩がはっきりしない、簡単でないから、とも言いますし、あーやらないとなぁと考えているのならどんなに簡単なことでも始めてしまった方が心は安心するのだと思います。

すぐパッとできるという意味でもゼロ秒思考の メモ術はすぐに行動するための良い手段になると思います。

コメントを残す