アドラーよりフランクルの方が今の自分に必要な気がする。

アドラーが嫌われない勇気でとても有名になりましたが、フランクルという心理学者の心理療法はアドラーよりも私が求めていたものに近い気がします。

自分は何をするために生きてるんだろう。

生きる意味とはなんだろう。

私は一生を捧げたくなる仕事、天職ってどうすれば見つかるんだろうと思っていますが、これもある意味生きる意味を探しているとも言えると思います。

“アドラーよりフランクルの方が今の自分に必要な気がする。” の続きを読む

あなたの管理している数字は本当に”使える“KPIと言えますか?

KPIという言葉を当たり前のように使っていますが、本当にうまく使えているでしょうか。

この議論いつもやってるな・・・。

毎月の報告会などの中で毎回出てくる説明(いいわけ)ないですか?

もはや全員その問題があるのは当たり前のように思っていて、使いやすい言い訳のようになっている。その問題は解決しなければいけないと思いながら、なにも進歩がない。

そのくせ、その問題に取り組みたいのに毎月違うことばかりやっている。

私の会社ではそう思うことが多いです。

“あなたの管理している数字は本当に”使える“KPIと言えますか?” の続きを読む

5S成功の秘訣はいかに納得してもらえるか

5Sというものは製造業に携わっていれば誰でも知っていることだと思いますが、なぜそんなに重視されるのでしょうか。また5Sがなぜ浸透していかないのでしょうか。

私は工場勤めなのですが、製造現場では5Sという言葉を知らない方はいないでしょう。

整理、整頓、清掃、清潔、躾の頭文字をとって5Sと呼ばれる現場改善のフレームワークです。

製造業の会社に入社したらまず新人研修で習うであろう項目。

当たり前過ぎて、なぜそんなに強調するのか、一体どういう効果があるのかしっかりと理解できていないところがあったので「トヨタ流5S 最強のルール」という本を読んでみました。

“5S成功の秘訣はいかに納得してもらえるか” の続きを読む

それまでの枠組みとは違ったアイデアがあれば今の状況を打開できるのではないか

いろいろ考えても今の状況を打開するような良いアイデアが出てこない。何か良い閉塞感を打開するアイデアの生み出し方はないものでしょうか。

仕事では様々な問題が発生します。

その問題を解決するために色々と対策を考えるわけですが、結局良いアイデアが浮かばず、同じような問題が再発したりすることがあります。

今の体制で根本的に抱える問題があるから同じような問題が何度も発生するのだと思いますが、ずっとその問題を解決できずに前進していない感じ、閉塞感を感じることが多いです。

このような閉塞感を打ち破る良い方法はないものでしょうか。

“それまでの枠組みとは違ったアイデアがあれば今の状況を打開できるのではないか” の続きを読む

私はなぜ家計簿をつけるのか。ジョブ理論を使って考えてみた。

ジョブ理論を使って自分がなぜ家計簿をつけているのか考えてみました。

私は家計簿をつけて日々の出費を記録していますが、この話を同僚にすると「まめだね」とか「えらいね」と言われます。

そういう話になると「なんでつけてるの?」と逆に聞かれるのですが、自分は何のために家計簿をつけているのかうまく説明できないなぁと思ったんですね。

そこでなぜ自分が家計簿をつけるのか改めて確認してみようと思いました。最近、「ジョブ理論」という本を読んだのですが、その理論がとても面白かったのでその理論に沿って考えてみました。

“私はなぜ家計簿をつけるのか。ジョブ理論を使って考えてみた。” の続きを読む

エクセルで重回帰分析するのは思ったほど難しくなかった。

統計学の本を読んでもなかなか自分の仕事に応用できないなぁと思っていて、エクセルでうまく解析を行う方法が書かれた本がないかなぁと思って読んだ本がなかなか良かったですね。

作業だけならすぐにできますね。

仕事をしていると様々なデータを扱いますよね。

売り上げ、利益、生産量、生産性、不良率などなど。

私もKPIと言って目標を数値化して管理することが求められています。

その数値を計算するために日々、色々なデータがとられていて、分析なんかもしていますが、これまで見えていない、もっとびっくりするくらい簡単に問題を解決するようなアイデアを生むパラメーターがないかなぁと思っていました。

“エクセルで重回帰分析するのは思ったほど難しくなかった。” の続きを読む

最新の物理学は意味がわからないが、知識を広げるためには非常に良いと思う。

一般相対性理論とは?量子力学とは?それらを統一する理論って?物理は本当にすごい世界を扱っています。

とにかくすごい世界があるんだなぁと。

量子力学、相対性理論など名前は誰もが聞いたことがあると思います。

私も内容はほとんど理解できていないのですが、こういう専門的な内容も知識として知っておいた方が良いと思ったので今回ご紹介するこの本を取ってみました。

内容は全然理解できなかったんですが、文章の書き方が物理を扱っている本ではなく、どこか文学的な書かれ方がしていたので、量子力学や相対性理論ががとても神秘的で綺麗なもののようなイメージを持ちましたw

“最新の物理学は意味がわからないが、知識を広げるためには非常に良いと思う。” の続きを読む

AIで世界が変わる中、これからは自分から楽しみを追求することが重要になってくるんだと思う。

これから大きく時代を変えていく技術が紹介されている本書。ただ、これからの時代、大きな変化が起きていく中、どういう姿勢で生きていくことが大事なのでしょうか。

AI、ビッグデータ、IoTなどITの世界で大きなブレイクスルーが起き、世界がどんどん変わっていくと言われています。

コンピューターにできなかったことができるようになっていき、コンピューターにしかできないことがどんどん洗練されていく。

そんな中、我々人間の仕事はどんどんなくなっていき、さらにはシンギュラリティが起きて人間がコンピューターに支配されるという話まで出て来ています。

「ライフシフト」という本のなかでもこれから生き方を変えていかなければならないということが書かれています。

そうやって時代が変わっていくなか、まだまだ身の回りでそれほど変化は感じませんが、この変化にどのように対応すればいいのでしょうか。

“AIで世界が変わる中、これからは自分から楽しみを追求することが重要になってくるんだと思う。” の続きを読む

仕事を効率的にこなすために思考をうまく書き出すには枝をどんどん伸ばせばいい

マインドマップをもっとスピード上げて書けるようになりたいなぁと思っていたのですが、何か良い方法はないでしょうか。

仕事で煮詰まることってありますよね。

あれもこれもやることが多くて何からやればいいのか途方にくれる。

目の間に解決しないといけない問題があるのに何から手をつければいいのかわからない。

この状態を脱する対策としてジャーナリングと言って頭の中で考えていることをとにかく紙に書き出すという方法が良いそうです。

私も実践しているのですが、箇条書きにしていくのはなんだが時間がかかってしまうんですよね。かといってパソコンで書き出していくのも物事の繋がりが見えにくく一覧性が悪い。

私としてはマインドマップで頭の中の思考を紙に書いていくと紙一枚の情報量も多くなるし、速く書けるんじゃないかなぁと思うのですがまだまだスピードが遅いなぁと思っています。

もしかしたら何か知らない方法があるのではないかと思い、今回ご紹介する本を読んでみました。

“仕事を効率的にこなすために思考をうまく書き出すには枝をどんどん伸ばせばいい” の続きを読む

生きていく上でどのような戦略を描いていますか?

ビジネスやスポーツだけではなく、人生の戦略をというのも必要だと思います。ではそもそも戦略とはどのように考えればいいのでしょうか。

戦略というとビジネスやスポーツで語られるようなイメージがあります。

さらに社長や監督など組織のトップの人間が考えるものというイメージもあると思います。

しかし、最近「ライフシフト」という書籍がベストセラーになったり、Beingという言葉もが、自分の人生をどのように生きていくのか、人生の戦略を考えるべきという風潮が広まっているように感じます。

自己啓発本などでは目標や計画を立てる重要性のようなものが多く語られていますが、これも戦略があって立てられるものでしょう。

しかし、戦略を考えるというのは馴染みがない人も多いと思いますが、どのように考えればいいのでしょうか。

“生きていく上でどのような戦略を描いていますか?” の続きを読む