温度や重量を測って再チャレンジ。

前回はとりあえずやってみる感じでドリップコーヒーを作りましたが、それではあまりうまくいかなかったので重さや温度を測ったらうまくいくのではないかということで道具を揃えてみました。

作った方法

コーヒー豆 40g
お湯 560g

今回はコーヒードリップで使う用のポットも使用しました。

お湯の温度は93℃。

結果考察

前回同様に特有の酸味が残りました。

もしかしたらこういう味の豆なのかもしれません。

豆を挽いた時も荒さにばらつきがあり、まばらな感じだったので、それも影響しているのかもしれません。

わかったこと、次回に向けて

  1. 重量通りやっても大きく味は変わらない

重量を変更しても大きな変化を感じませんでした。

豆の味の影響が大きいかもしれないので違う豆で一度試してみたいと思います。

Posted from するぷろ for iOS.

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す

コメントを残す