お店のトマトソースを再現したい⑦ トマトソースをもう一回。

前回まではトマトペーストを使っていたので改めてトマトソースを作りました。

これまでプロの味を家で再現しようといろいろとやって来ましたが、前回まででトマトソースではなくトマトペーストを作ってしまって、それを使っていました。
お店のトマトソースを再現したい⑥ 茹で汁の効果がかなりすごい!

今回は改めてトマトソースを作ってみました。

プロのトマトソース再現へのこれまでの道のりはこちらからどうぞ。
「お店のトマトソースを再現したい」シリーズ

作った方法

前回はペーストを作ってしまいましたのでちゃんとしたトマトソースに再チャレンジということで今回はこちらのサイトの作り方を参考にしました。
基本のトマトソースの作り方〜プロはなにが違う?〜

トマト缶 2缶
オリーブオイル 大さじ5
玉ねぎ 1/4個
ニンニク 1片
塩 小さじ1

ニンニク、玉ねぎをみじん切り。
オリーブオイルを鍋に入れ、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎを入れ、火を弱火にして炒める。
全体的に茶色く焦がそうとしたら結構黒くなってしまいましたが、トマト缶を投入。
10分弱煮込んでから泡立て器でトマトをつぶした。そのあとさらに15分煮込んだ。
塩を小さじ1入れて完成。

結果考察

全体的にトマトを潰してから味を見ましたが、いつも通りの味が薄いような感じ。

酸味が結構強い。

塩を入れたらすこし味に厚みが出た感じがありましたが、後味の薄い感じは変わりませんでした。

ただ煮込む時間を大幅に減らした結果、前回のようなペーストにはなりませんでしたw
それにペーストほど煮詰めなくてもトマトの酸味がしっかりとしていました。

後味のなんとも言えない薄味というか水っぽい味の正体はなんなのか・・・・。これは次回以降の課題です。

このトマトソースを使って前回のように茹で汁をたっぷり入れたパスタを作ってみましたが、とろみがでて、パスタにソースが絡み、パスタ自体が持つ甘みと相まってそれなりのものができたと思います。

わかったこと、次回に向けて

  1. ペーストほど煮詰めなくてもトマトの味はしっかりしている。

トマトソースの後味についてはまだ疑問が残りますが、パスタに混ぜた時にこの薄味は気にならなくなったのでもしかしたらパスタに合わせたら味に深みが出るということなのかもしれません。プロのパスタは。

次回はこのトマトソースと生クリームを使ってトマトクリームパスタを作ってみたいと思います。

2017/09/17追記:これまでの実験の結果、現時点で1番美味しかったレシピをクックパッドに公開しました。

Posted from するぷろ for iOS.

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す