「SAKURA craft_lab 001」を使い始めて半年でエイジング具合がすごいw

SAKURA craft-lab 001を使い始めて半年。今はこういう感じでエイジングしています。

クーピーで有名なサクラクレパスが立ち上げた新しい筆記具開発チーム「SAKURA craft_lab」。

その一つ目の製品であるseries 001を購入したのが半年ほど前。

そのコンセプトに共感して購入し、使い続けているのですが、現在までのエイジング状況を報告したいと思います。

真鍮製のボディ

使いながら時間が経っていくと変色し、ビンテージな感じになっていくということで真鍮で作ったというこのペン。

SAKURA craft_lab

私が購入した001も順調に変色し、現在はこんな感じです。


持つ部分。買った時の光沢感は全くなく、くすんだ感じになっています。


頭のペンの出し入れをコントロールする部分。ピントが若干ずれてしまっていますが、緑青が少し出ています。


クリップの部分。かなり黒くなってますwブラスってあまり黒くならないと思うんですけどね・・・。

黒だけで5色作っちゃうこだわり

こういう高めのボールペンはリフィルの形式をほかのメーカーと合わせてほかのメーカーのリフィルも使えるようになっていることが多いです。

しかし、この001はオリジナルのリフィル形状を採用しており、ほかのメーカーのものを使用できません。

さらに入っているインクはパッと見は黒なんですが、ほかの黒と色を見比べると若干違う。

若干緑だったり、青だったり、赤だったり。

黒ならどれでもいいだろうと言いたくなりますが、無骨にそこまでこだわっている製品コンセプトがいいんですよね。

なんの手入れもしていないのでこれからもどんどん黒くなっていくんでしょうけど、どのように変化していくのかこれからも確認していきたいと思います。

インスタグラムでも紹介してます

インスタグラムでもお気に入りのアイテムを紹介しています。こちらも是非一度ご覧ください!

Posted from するぷろ for iOS.

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す