香港でTricker’sのサイドゴアブーツを買いました。

トリッカーズのサイドゴアブーツを買っちゃいました〜

前々から気になっていたんですよね〜。

実物見たらやはりかっこいい!

ということで買っちゃいました。

サイドゴアブーツ 「Henry」

トリッカーズといえばウイングチップでメダリオン満載なカントリーブーツが有名ですが、他にもいろいろとラインナップがあります。

どれも名前が付いていてサイドゴアブーツ は「Henry(ヘンリー)」という名前だそうです。

トリッカーズのサイドゴアブーツはほかのサイドゴアブーツとはちがった特徴が多くあります。

私が思う最大の特徴はその側面のゴムの部分。

普通のサイドゴアはU型になっていますが、トリッカーズのものはちょっと斜めになっていて、もみあげwみたいな感じの形になっています。

また、丈もけっこう長めになっています。

この形の影響で前から見たときにくるぶしよりも上の部分が細く長く見え、とても綺麗な形になっています。

また通常のサイドゴアブーツはつま先がちょっと尖っているものが多いですが、トリッカーズのものはちょっと丸めな感じになっています。ここもなかなか気に入っているところです。

上記の部分が細いお陰で靴を履いたときに足首にすっきりとフィットして、パンツの裾が靴の上に乗らないw

ほかのブランドのサイドゴアブーツはアキレス腱の部分に隙間ができてしまうのでそこにズボンの裾が乗ってしまうんですよね。

ロールアップなどせずに裾の中に隠すとしてもスキニーなど細いパンツを履いているとブーツのシルエットが出てしまってこれがちょっとカッコ悪い。

こういうことがないところがいいですね。

なによりも魅力はエイジング

新品もなかなかカッコいいですが、私が1番惚れたところはエイジングした後の姿。

このシワ感がたまらない!!

足首にぴったりとフィットし、長い丈だからこそここまでのシワができるのでしょう。

私も履きつぶして早くこのようなシワを作りたいです。

香港の正規取扱店「Houses shop」別注モデル

トリッカーズのサイドゴアブーツというとお馴染みのウイングチップのものが多いですが、今回わたしが購入したのはプレーンのもの。

スタンダードのデザインとしてもあるようですが、割とマイナーなタイプですね。

今回、私が購入したものは香港でトリッカーズを正規で取り扱っている「Houses shop」というお店の別注モデル。

香港, Tsim Sha Tsui, Granville Circuit, 5-11號, G22-G24 Rise Commercial Building

私の一足目のトリッカーズを購入したお店です。

つま先から若干のグラデーションになっており、この色合いもとても良いです。

お値段は4,280HKDで、本日のレートで計算すると59,750円です。

まぁふつうに考えたら高い靴ですが、日本でトリッカーズの靴を買おうと思うと大体8万円前後しますので結構お得なんです。
(ちなみに前回購入したカントリーブーツは3,980HKD=55,562円)

ネットを見ていると20年履き続けているというものも見ますので長い時間履ける、しかも履けば履くほどエイジングが進んでカッコよくなっていく。そう考えるとそう高くもないと思い込んでます。

まだ買って数回しか履いていないのでどんどんシワを刻んで行こうと思います。

インスタグラムでも紹介してます

エイジング記録とか他にもいろいろと私の生活を彩ってくれている小物をインスタグラムで紹介していますので興味がある方は是非!

Posted from するぷろ for iOS.

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す