瞑想に役立つアプリを探していたら「Workflow」というアプリがぴったりでした。

マインドフルネスという言葉が一般的になりつつありますが、それに伴って瞑想系のアプリが増えてきました。それでも自分の理想とするアプリが見つかりませんでした。そんな時に「workflow」というアプリに出会ったのです。

Workflowというアプリで瞑想

瞑想に役立つアプリを探していたら「Workflow」というアプリが私にぴったりでした。

マインドフルネスというワードが最近色々な本に出てきます。

欧米の起業家の間で話題になり、日本に逆輸入されてきた感がある瞑想ですが、フォトリーディングを学んだことをきっかけに私も実践する様になりました。

まとまった時間を作るのが難しいので毎朝数分だけやると決め、そのためにキッチンタイマー的なアプリを瞑想アプリを探したのですがしっくりくるものがありませんでした。

そんな時に見つけたのが「Workflow」というアプリでした。

いろんなことを自動化するアプリ

このWorkflowは単純に瞑想アプリではなく、もともとはいろんな作業繋げて自動化するためのアプリです。

『Workflow』は、自分のやりたいことをしてくれるマイクロアプリを作成できます。

例えば、見ているホームページの情報をエバーノートに記録して、ツイッターでも呟くなど複数の作業をつなげることができます。

そのなかでiOSのヘルスケアに情報を記録するという機能もあり、ヘルスケアの中にはマインドフルネスという項目があります。

またある動作を設定時間待ってから動作をさせるという設定もあるのでこの2つを組み合わせて、

1, 瞑想したい時間(分)を入力し、
2, その時間が経過したらアラームを鳴らし、
3, その時間を減ヘルスケアのマインドフルネスの項目に記録する。

という機能を作りました。

何分瞑想します?|Workflow

もともとどんなアプリが欲しかったか

タイマー機能ならiPhone標準の時計アプリにもあります。

このアプリには流している音楽を止めるという設定もできて私はタイマーを再生停止専用にしています。

iPhoneで音楽を自動的に再生・停止する方法

毎回時間や機能を変えるのはミスの元にもなるますし、めんどくさい。

そこで瞑想アプリを探したのですが、どれも一度に何十分も必要で毎朝数分だけということを設定できるものが見つけられませんでした。

さらにどうせやるならどのくらいやったのか記録に残したいなぁと思っていました。

そんな時にWorkflowというアプリを発見し、これなら理想とする機能が作れるのではないかと閃いたわけです。

要はアプリを作るアプリ

かなり多くの機能を持っているのでできる幅はかなり大きいです。

いろんなアプリをつなぎ合わせて自分でアプリを作るような感じです。

ただ、プログラミング系の知識がないと意外と難しいかもしれません。さらに今の所、英語しかないのでさらにハードルが高いです。

それでも有益なことは間違いないので、とりあえず以下のサイトのようにレシピが公開されているので一度確認してみるといいと思います。

iOS『Workflow』の使い方とワークフロー(レシピ)のご紹介

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す