【WORKFLOW】iOS「マップ」からGoogleマップへのリンクを作成するためのワークフロー

まさかiOSの標準アプリのマップからGoogleマップへのリンクが作れるとは!

もともとは記事に地図を載せたかったんです。

私はこのブログで書評や仕事効率化に関すること、住んでる地域で見つけた美味しい食べ物、おしゃれだと思ったものを紹介しています。

特に美味しいものを紹介するときに、その場所の住所や地図を載せたいと思ったんですね。

初めはワードプレスのプラグインを活用しようと思っていたのですが、だいたいはGoogleマップを活用するもので便利なのですが、Googleマップを使えない地域もあるのでそれらはだめだなぁと。

そうであればちょうど以前の記事で紹介したワークフローでiOSで用意されているマップを活用するものがあったのでこのマップを使って記事に載せるリンクを作成しようと考えました。

実はマップの中にGoogleマップのリンクが含まれていた。

簡単そうに思えて意外と苦戦したんですが、あることを発見してある程度の形にすることができました。

それはマップへのリンクの中にGoogleマップへのリンクも含ませれていたことです。

どういう仕様でこうなってるのかは不明ですが、このリンクを辿るとマップで見ていた場所がGoogleマップで検索されます。

これは利用すればGoogle mapをメインに使っている人にはGoogle map、それが使えない場合はiOSのmapと使える方に誘導できるわけですね。

あと、地図の写真も自動で表示できるようにできれば完璧だが、、、

ブログの中で地図を乗せるとしたらやはりその地図を表示させたいです。

Google mapを記事に埋め込むといい感じに表示してくれます。

あそこまでWorkflowでできればよかったんですが、さすがにそこまではできず、、、。

そこでWorkflowでは共有したい位置の画像も取得することができるのでとりあえずはそれをカメラロールに保存する仕様にしました。

めんどくさいですが、取得した画像をアップロードして、それを表示させるというわけです。

本当はその画像のURLを参照して画像を表示するようにしたかったのですが今のところうまくいってません。

実際のリンクはこんな感じ

このワークフローで作ったリンクが以下のようになります。

Apple Causeway Bay
住所:Hysan Place, 500 Hennessy Rd, Causeway Bay, 香港
ホームページ:http://www.apple.com/hk/retail/causewaybay
Googleマップで開く
iOSマップで開く

カメラロールに保存される画像が以下のもの。

このふたつをうまく組み合わせてそれなりの見た目を作り上げるというわけです。

以下がワークフローへのリンクです。
マップからリンクを作成する

私はするぷろを使用してワードプレスに記事をあげているのでワークフローの最後にするぷろを開くようにしています。

もうちょっと簡易的にできるようにしたいのですが、とりあえずはこれで目的を最低限達成できるかなと。

もっとこんな方法があるよ!というものがあれば是非教えてください!!

Posted from するぷろ for iOS.

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す