CLAUSTRUMの筆箱を修理してもらいました。

2019年10月16日

ステンレスを使った様々なグッズを制作販売しているCLAUSTRUMというブランドの筆箱をここ4年くらい使っています。

ミニマルなデザインでかつギミックがカッコよくて気に入っているのですが、そのギミックが壊れてしまったんですね。

新しいものを買うのも悔しかったのでホームページ経由で連絡したら無料で修理をしてくれると連絡がありました。

CLAUSTRUMとは

<a class="embedly-card" data-card-type="article" href="https://claustrum.net/about/">About|CLAUSTRUM</a><script async src="//cdn.embedly.com/widgets/platform.js" charset="UTF-8"></script>

他にはない新しい機構やメカニズム、工法、表面仕上げを生み出しています。製品を構成する各部品は、近郊の精鋭工場と協力して製作しています。金属加工をはじめ、数十に至る専門工場の職人たちと共に、各分野の先端技術を駆使しながら互いに切磋琢磨しています。組立作業と仕上加工は全て銀座工房内で行っています。

 

ホームページに書かれているようにCLAUSTRUMでは筆箱や名刺入れなどの雑貨を金属を使って制作し、そこには他にはないギミックが搭載されています。

それはシンプル ですが、考えられていてとても使いやすくなっています。

例えば、私が購入したペンケースはこういう感じです。

CLAUSTRUM筆箱 開閉
CLAUSTRUM筆箱 開閉

 

片手で開閉できてファスナーやボタンなどで留めるわけでもない。唯一無二ではないでしょうか。

開閉部が壊れた

とまぁ、こういう機能があるということは壊れる可能性があるということですが、この開閉部(接続部)が壊れてしまい、蓋が外れてしまったんですね。

CLAUSTRUM接続部

アルミと思われる釘のようなものを加締めて止めているんですが、その釘のようなものが変形して外れてしまった感じです。

そうなると蓋が外れてしまうので使い物になりません。

自分でなんとか直せないかやってみたのですが、そもそも釘の部分が変形してしまっているのでどうしようもありません。

そこでホームページに載っているメールアドレスから修理できないか相談してみました。

修理対応可能!

こちらにそのメールアドレスが載っています。

https://claustrum.net/about/

単純にメールで簡単に修理できないか書いて送ったら、無料で対応してくれるとのこと。

筆箱を送付手配して待つこと1週間ほど。

なんと、完璧に直って帰ってきました!

修理後の問題の部分を見ると前回よりも強固な感じの形になっていて、これなら同じような故障は起こらなさそうです。

CLAUSTRUM筆箱修理後
CLAUSTRUM筆箱修理後

 

今回この記事を書いているときにホームページを見て気づきましたが、メンテナンスも対応できると普通に書いてありましたw

またアイテムを末永くご使用いただくためにメンテナンスサービスも行っています。-https://claustrum.net/about/

 

このように修理もできて永く使えると愛着もわいてもっともっと好きになりますね!

Instagramでも紹介しています。

参考になったら“いいね”お願いします!