junghansのクロノスコープを先日購入したのですが、ベルトが好みのものではなかったんですね。

日本でも少し探しましたがあまり良いものがなかったので香港でも探してみました。

理想の時計のベルト

時計のベルトといっても本当に色々な種類がありますが、私が理想としているのはレザーのこんな感じのベルトです。

ベルト全体にステッチが入っておらず、こういう無骨な感じがいいですね。

レザーのエイジングも楽しめそうでレトロな感じがたまりません!

香港で時計のベルトが売っている場所

今回は2つの店舗に行ってみました。

○ 9 Maiali Watches & Straps

9Maiali Watches Straps | Panerai, SevenFriday, Ennebi, Mario Paci Straps, Valbray

香港, Tsim Sha Tsui, 尖沙咀漢口道5-15號漢口中心二樓212室

尖沙咀のホテルYMCAやiSquareなどの近くのHankow Centreというビルの2階の一室にあるショップです。

入り口は鍵がかかっているのでチャイムを鳴らして入ります。

時計のストラップ以外にメンズの服、バッグなども売っています。

ベルトはパネライ向けに作られているものが多いようで太めのものが多かったです。

本当に色々なデザインがあったのですが、私のユンハンスに合うサイズがなかったので何も買わずに出てきました。

○ MisterChrono

misterchronoの店構え

19 Lyndhurst Terrace, Central, 香港

次に向かったのはMisterChronoというお店。

完全に時計のベルトの専門店で、色々な幅や素材、色のベルトが売っていました。

自動巻の時計を自動で回してくれるスタンドなども売っています。

店員さんは欧米系の方しかおらず英語しか使えませんでしたが、イメージに近いベルトを見せて「こういうのがほしい」と言ったら探してくれました。

ここもパネライ向けのベルトが数多く売っており、私が欲しいサイズのベルトは少なかったです。

香港ではパネライユーザーが多くて、その人たちはベルトをたくさん変えるんですかね。

結局私が購入したのはこういう感じのベルトです。

購入したユンハンス用のベルト 全体像

購入したユンハンス用のベルト 装着時

割と理想に近い形でしたが、ベルトの側面の処理が若干チープな印象を受けたのですが、これしかなかったのでこれにしました。

これで780香港ドル。1万円くらいです。

裏を見るとゴムっぽいコーティングがされていました。

レザーのベルトだと裏が結構汚くなって見えてしまいますが、これでその心配はありません。サラサラした質感なので汗でベタつくということがないのでそれもなかなかいいですね。

日本の高島屋ウォッチメゾンでベルトを探したときにこういうタイプのベルトが見つからなかったのでそう考えるとなかなかいいものが買えたかなぁと思ってます。

実際、今は購入してから1ヶ月ほどたちましたが、日焼けなどして色がちょっと濃くなってきています。

変化が楽しめるという意味でも割と上質な素材なのだと思いますので、これからどういう風に変化していくのか楽しみですね。

今回は2店舗のみ回りましたが、ふつうに高級な時計を売っているお店が香港には多いので探せばもっといろんなお店があるかもしれません。

しかし、おそらく数少ない専門店だと思うので気になる方は是非足を運んでみてください。

インスタグラムでも紹介してます

今回の記事のような写真以外にも生活を彩ってくれているいろんな小物をインスタグラムに載せていますのでぜひこちらもご覧ください!

LINEで送る
Pocket

Facebookで“いいね”お願いします!

コメントを残す

コメントを残す