忙しい朝でも手軽にドリップコーヒー入れられる便利グッズ

ドリップする時間は必要ですけどね!

リッチな朝ごはんを食べるととても清々しい気持ちで1日をスタートできますよね。

そこに美味しいコーヒーなんかもあれば最高です。

ですが、朝は忙しいw

それでも少しでも工夫して簡単に美味しいドリップコーヒーを入れるための方法をご紹介したいと思います。

バルミューダ The Pot

言わずと知れたおしゃれ家電メーカーのバルミューダ。

このバルミューダのケトルはドリップコーヒーが淹れやすいように注ぎ口が細くなっています。

ドリップするときは狙ったところに注ぎやすく、注ぐ湯量を調整しやすいようにこのように細い注ぎ口が良いそうです。

電気ケトルなのでお湯を入れてからすぐに沸騰させられ、すぐにドリップを始められるのでバルミューダのthe potは効率がいいです。

ドリップ用に挽いたコーヒー豆

ドリップコーヒーですから当然コーヒー豆が必要です。

どのような豆にするのかでコーヒータイムのスペシャル感が変わります。

この豆選びが手軽で素晴らしい朝食を楽しむために1番大切でしょう(当然かw)

好みではない豆を選んでしまうと台無しです。

好みの豆を探す方法はいろいろとあると思いますが、試飲させてくれるお店がいいですね。わたしの知っている試飲させてくれるお店は丸山珈琲しかないですが、ほかにもあるかも知れません。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEE | スペシャルティコーヒー

豆を自分でその場で挽くのが1番いいのだと思いますが、手間が増えるので手軽さを考えるならあらかじめ挽いておいてもらうのが良いでしょう。

豆を買ったお店でペーパードリップ用で挽いてくださいと言えば良いので簡単です。

お店によって挽いた豆を入れた袋を違うのですが、このようにジッパーがついている袋に入れてくれるお店だと保存しやすいからいいですね。

丸山珈琲の袋ジッパーついている
丸山珈琲ではジッパーがついた袋に入れてくれます。

少しでも酸化しないようにこのまま冷凍庫で保存です。

挽いたコーヒー豆は冷凍庫で保存
挽いたコーヒー豆は冷凍庫で保存

カリタ かんたんドリップ

これが画期的。

ドリップというとドリッパーやフィルターなどいろいろな器具が必要です。

使った後も洗ったりしないといけないのでかなりめんどくさいですよね。

しかし、このカリタのフィルターだったらこれだけでドリップできてしまうんです。

カリタかんたんドリップ
カリタかんたんドリップ

写真のようにセットしてドリップし終わったら捨てるだけ。

カリタかんたんドリップ折りたたむ前
カリタかんたんドリップ折りたたむ前
カリタかんたんドリップ折りたたんだ後
カリタかんたんドリップ折りたたんだ後
カリタかんたんドリップをセット
カリタかんたんドリップをセット

洗い物も出ないのでかなり便利です。

かなりの時短効果があります!これはかなりおすすめです!

ついでにベーグル

ドリップコーヒーを手軽に入れる方法はここまでのものを揃えればできますが、さらにあるものがあると朝食の時間をより良いものにできます。

それはベーグル。

なぜかはわからないのですがベーグルとコーヒーを一緒に食べるとコーヒーの香りが際立ってとても美味しく感じるんです!

組み合わせが良いということなのでしょうね。

朝食にベーグルを買っておいてそれをトーストしている間にドリップコーヒーを入れる。

5分もあればこの最強コンビの朝食を準備できるのでぜひ試してみてください!

参考になったら“いいね”お願いします!