サクラクラフトラボ003アルミは経年変化でこうなる。

ファッションSakura craft_lab 003,エイジング,サクラクラフトラボ,ペン

大人のための筆記具の開発を掲げるサクレクレパスのSAKURA craft_lab。

現在は004まで出ていますが、私が003を購入したのは1年前になります。

もう一年経ったんですねぇ。

経年変化もひとつの売りとしているサクレクラフトラボシリーズ。

003はどのように変化するのでしょうか。

サクラクラフトラボをおさらい

SAKURA craft_lab

ひと目見ただけで、ココロが和む。かき始めから、手に馴染む。

「かく」楽しさを呼び覚まし、新しい何かを生み出させる。

そして、いつまでも、ペンを走らせていたくなる。

そんな大人のための筆記具を、私たちは発明します。

かいていてワクワクする、もっていてドキドキする。

人の温かみを感じさせ、それでいてどこにもない。

懐かしいだけではない、新しい懐かしさ。

なめらかなかき心地、鮮やかな色合いで、人の思いをカタチにする。

それは単なる道具を超え、手の一部へ、人の一部へ。

そんな人にやさしく、人に近いモノづくりを。

https://craft.lab.craypas.com/index.html

コンセプトがシッカリとしているブランドです。

私は001と003を持っています。

001もかなりエイジングしていて新品のような光沢感は全くありません。

ブラスの色の変化は多くの人が予測できるのではないでしょうか。

また、ブラスの製品は全部そうですが、けっこう金属臭いです。

エイジングの仕方があまりうまくできなかったことと、この金属臭さにちょっと慣れなかったこともあり、003ではアルミを購入しました。

アルミはどのように変化していくのか。そういう期待もありました。

購入時はこういう感じでした。

003ビフォーアフター

さて、これが1年経つとこういう風になります。

よく触る部分は黒っぽくなっています。

逆に王冠の部分を見ると新品時と同じように銀色の光沢が残っています。

アルミは酸化しても白い色だと思っていましたが、黒みが出てくるんですね。

100%アルミのみではなく、アルミ合金でしょうから、そういう影響もあるのでしょうか。

使い込んでいけばもうちょっと違うのか・・・

正直ちょっといまいちです・・・・。

汚れた感じ。

こう感じるのは甘えなのでしょうか。

もっと毎日使っていれば結果は違ったのでしょうか。

(私はその日の気分によって使うペンを変えるタイプです。)

そうだとすれば、悪いのはサクラクラフトラボ003ではなく、私です。

実際、大宮の「JINS rim of jins」というお店のレジでサイン用に置かれているy studioのブラスペンはすごくカッコいい感じになっています!

(y studioは台湾の文房具メーカーでブラスを使った製品が有名です。)

手で持つ部分がピカピカになっていて、その周りがちょっと黒ずむような感じ。ああいう風になればすごくかっこいい!あれは毎日使用されているからああなってるのだと思います。

私も001と003を毎日使っていればああいう風になったのかもしれません・・・。

今からでも間に合うだろうか。

ただ、001も003もリフィルがいまいち・・・・。

方法を考えて毎日使いたくなるようにしたいなぁ・・・・。

皆さんはいかがでしょうか。こういう感じもかっこいいですかね?

ぜひブログをフォローしてください。