ワードプレスブロックエディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」でショートカットを使えばiPadでもブログを効率良く更新できる!

仕事効率化グーテンベルグ,ブロックエディター,ワードプレス,仕事効率化

このブログはワードプレスでできておりますが、記事の更新は何かのアプリなどを使っているわけではなく、ワードプレスの投稿画面から使える純正?のエディターを使っています。

これは「Gutenberg(グーテンベルグ)」という名前になっているエディターで「ブロックエディター」とも言われています。

このブロックエディターは数多くのショートカットが用意されていて、iPadなどのiOSでも使用することができます。

全てのショートカットを使用できるわけではないようですが、ショートカットを使うことでかなりブログ更新の効率を上げることができます。

「Gutenberg(グーテンベルグ)」とは

グーテンベルグとはwordpress5.0から標準になったテキストエディターです。

HTMLの知識がなくてもリッチなコンテンツを入力しやすくしたものだと理解していますが、YouTubeやSNS関係の埋め込みなんかも簡単にできます。

“ブロック“という新しい概念でブログ記事を作成していくのでこれまでの入力方法に慣れていた人たちからはあまりよく思われていないようですが、使ってみるとそんなに悪くないと感じています。

何より前述のように今っぽいリッチなコンテンツを簡単に追加でき、かっこよく表示できるというところはかなりのメリットがあると感じています。

私も色々なアプリを使ってブログ記事を更新してきましたが、画像のアップロード、alt属性、タイトルなどの編集がやりにくかったのでワードプレス標準のエディターを使っているという理由もあります。

iPadでも使えるショートカット

このグーテンベルクですが、編集を効率よく行うために数多くのショートカットが準備されています。

パソコンでは当然全て使えるようですが、iPadでは使えるものと使えないものがあります。

こちらのブログで綺麗にまとめられていますのでとても参考になりました。

【#iPadでWordPress】スマートキーボードで使える「Gutenberg(グーテンベルグ)」ショートカットキー。 | imDRESSions(インドレッションズ)

その中でも私がよく使っている効率を上げるために覚えておいた方が良いショートカットがこちら。

ちなみにかな入力の状態でも使えるものがありますが、基本的には英数入力にしてショートカットを使った方が良いと思います。間違いが少ないですし、どっちだっけ?とか考えなくて済むので。

“enter”・・・新しいブロックを追加

1番単純なショートカットだと思います。

文章を書いた後にenterを押すと新しい空の段落ブロックが追加されます。

ワードプレスブロックエディターのショートカット enterで新しいブロックを追加する
enterで新しいブロックを追加する

“/“ (スラッシュ)・・・ブロックを変更する

空のブロック(段落ブロック)に“/”スラッシュを入力するとブロックを変更できます。

上下ボタンで変更したいブロックを選択し、enterを押せばそのブロックに変更できます。

ワードプレスブロックエディターのショートカット ブロックを変更する
ブロックを変更する

スラッシュを入力した画面に出てこないブロックを使いたい時もスラッシュを入力した後に使用したいブロックの名前を入力するとそのブロックを追加することができます。

ワードプレスブロックエディターのショートカット ブロックを検索して変更する
ブロックを検索して変更する

注意が必要なのはこのショートカットは英数入力の状態じゃないと入力できないということです。

毎回英数に変更するのはちょっとめんどくさいとは思いますが、毎回プラスボタンをタッチするよりは速いです。

私はMagic Keyboardを使用していますが、外付けキーボードを使っていればそれほど気にならないでしょう。

option + ⌘ + Y・・・新しいブロックを追加する

enterで新しいブロックを追加できると書きましたが、カスタムHTMLやショートコードなど一部のブロックを使用しているときはenterを押しても改行されるだけで新しいブロックを追加できません。

そういうときはこの「option + ⌘ + Y」を使うと便利です。

ワードプレスブロックエディターのショートカット 新しいブロックを追加する
新しいブロックを追加する。

### space・・・H3見出しを追加する

ここではH3見出しとだけ書きましたが、#の数を変えることでH1やH2見出しを追加することができます。

ショートカットというよりはマークダウン記法というものらしいですが、見出しはよく使うので覚えておいた方が良いと思います。
ワードプレスブロックエディターのショートカット H2見出しを追加
見出しを追加

Ctrl + option + Z・・・選択したブロックを削除する

間違えて追加してしまったブロックを削除します。

ブロックを選択した状態でbackspaceを押せば削除できるブロックが多いですが、カスタムHTMLなど一部のブロックはbackspaceでは削除できません。

そういう場合に使えるショートカットです。

ワードプレスブロックエディターのショートカット ブロックを削除する
ブロックを削除する

ショーカット一覧もあります。

どのようなショートカットがあるのか、一覧を確認することもできます。iPadでは全てのショートカットが使えませんが、どんなものがあるのか気になる方はチェックしてしてみると良いでしょう。

ワードプレスブロックエディターで使えるショートカットの一覧を確認する方法

注意!Tiny MCE Advancedが入っているとうまく動作しません

ここまでグーテンベルグで使えるショートカットを紹介してきましたが、うまく使えないことがあります。

それは「Tiny MCE Advanced」というプラグインが有効になっている場合です。

「Tiny MCE Advanced」はビジュアルエディターでできることを増やしてくれるプラグインでグーテンベルグでもクラシックブロックという旧ビジュアルエディターに慣れている人用のブロックでも同様にできることを増やしてくれるプラグインです。

enterを押した時に追加されるプラグインをクラシックエディターブロックに変更するなんてこともできます。

このプラグインが有効な状態でも使用できるプラグインはありますが、1番致命的なのが”/(スラッシュ)”が使えなくなることです。

私もはじめスラッシュでブロックの変更ができなかったので困っていましたが、もし、同じ症状でお困りの方はプラグインでエディター関係のものが有効になっていないか確認して見てください。

ぜひブログをフォローしてください。