先行指標を管理してやりたいことを習慣化する。

語学の勉強、資格の勉強、読書など毎日やりたいことがあるのになかなか取り組むことができない。何か良い方法はないのでしょうか。

語学や資格などキャリアアップのために勉強をしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、問題はやろうと思ってもなかなか続けることができないというところではないでしょうか。

私もいろいろと仕事のため、自分のためやりたいことがあるのですが、そのための行動がなかなかできません。

なかなか実行できないと悩んでいたところに”ある打ち手”を発見しました。

それが”先行指標”という考え方です。

“先行指標を管理してやりたいことを習慣化する。” の続きを読む

PDCAをうまく回すためにC(チェック)を自動でできるようにした。

自分の行動をうまく変えたいと思いながら、うまく変えられない。PDCAをうまく回せない。そんな状況をでしたが、PDCAを回すために集めた情報を自動で確認できるようにしてみました。

PDCAをうまく回す。よく聞くフレームワークですが、完璧に実践でいていると言える人も少ないのではないでしょうか。

そういう私もそうで、将来の目標があって、それに向かって進んでいくために日々やると決めたことをやっていきたいのですが、忙しかったり、疲れていたりしてできないことが多いです。

PDCAに関する本も読んできました。その中で4DXという手法がいいと思い、先行指標と遅行指標指に分けて目標値を定めて管理してきましたが、それも前述の理由でしっかりと管理できていない状態でした。

何よりも記録した数字を自分から見ない。だから振り返ることもないし、改善するきっかけも作れない。

だったら自動でその結果を見えるようにしようと考え、IFTTT、Workflow、GAS(Google Apps script)の3つを使って、先行指標の記録とレポート作成、定期的なレポート配信を自動で行えるシステムを作成しました。

“PDCAをうまく回すためにC(チェック)を自動でできるようにした。” の続きを読む

ブログの下書きはマインドマップが良いと思います。

私も何年かブログを書いてきましたが、ブログを更新しようと思う時、なかなか指が進まないです。

どういう内容を書くべきか、どのように書くべきか、どんな写真を使うか、どのようにレイアウトするか考えるべきことが多く、かなりの時間がかかってしまいます。

書いてもなかなか納得のいくものが書けずに推敲を繰り返し、さらに時間がかかる。時間がかかってめんどくさいから後回しにしてしまう。時間がかかるからまとまった時間を確保しようとするけどなかなか時間が取れずやらない。そんな悪循環が続いています。

このままではまずいと思い、いろいろ研究した結果、今の所、下書きをマインドマップで書いてそれを文章にしていくのがよいのではないかという結論に至っています。

“ブログの下書きはマインドマップが良いと思います。” の続きを読む

仕事を速く終わらせるにはタスクを早く終わらせるというだけではなく、どのくらいで終わるのかという意識を持たなければいけない

これまでもいくつか記事を書いていますが、仕事を早く終わらせるということについて多くの本を読んできました。

今回ご紹介する本も仕事を早く終わらせるにはどうすればいいのかという内容です。

タスクを早く終わらせることも大切ですが、その仕事自体がどうなれば終わりなのかをしっかりと意識することが私には足りていないのかなと思いました。

筆者はどういう考え方が必要だと言っているのでしょうか。

“仕事を速く終わらせるにはタスクを早く終わらせるというだけではなく、どのくらいで終わるのかという意識を持たなければいけない” の続きを読む

仕事の進捗を確認されると責められているような気がしてしまう、、、それは自分勝手に解釈しているだけかも!

仕事中に「あれやった?」とか「これどうなった?」とか言われることが多いと思うんですけど、そういうときは決まって、わたしは「なんでまだやってないんだよ」と言われているような気がしてしまいます。

ほかにも「今現場でこういう問題が起こっています!」という報告を聞くと「あなたの管理が悪いからですよ!」と言われているように感じます。

その度に一人でイライラしてしまい、無愛想に対応してしまいます。

全ての場合でないにしても話しかけた人はそんな風に考えていないと思うんですよね。逆にわたしがイライラしたような態度をとると「なんか冷たいなぁ」と感じさせてしまって今後のコミュニケーションに影響を与えてしまっているような気がするんです。

なのでもっと協力的な感じで接してあげられたらなといつも思うんです。アンガーマネジメントなどにも書かれているようにイラっとしたらその感情を見つめるということを心掛けているのですが、それでも感情はイライラしてしまう。

このような無駄なイライラ、どうにか出来ないのでしょうか。

“仕事の進捗を確認されると責められているような気がしてしまう、、、それは自分勝手に解釈しているだけかも!” の続きを読む

【WORKFLOW】iOS「マップ」からGoogleマップへのリンクを作成するためのワークフロー

まさかiOSの標準アプリのマップからGoogleマップへのリンクが作れるとは!
“【WORKFLOW】iOS「マップ」からGoogleマップへのリンクを作成するためのワークフロー” の続きを読む

毎日忙しいのは新規の仕事に惑わされているから

以前の記事でも書きましたように、中国で仕事を始めてから毎日タスクに追われて、気づいたら一日が終わっていて、今日は何をやっていたんだと思う日々を過ごしています。

振り返ってみると、その日にやろうと思っていたことに全く手をつけられておらず、どんどん遅れていく・・・。

そういう日々を過ごしているから家に帰ってからクタクタに疲れていて、自分のやりたいことであったはずの中国語の勉強や読書、ブログの更新なども後回しにしてしまう。

そんな悪循環の日々を過ごしてしまっている中で、少しでも仕事を効率的にこなせないかタイムマネジメント、スケジューリング関連の本をたくさん読んでいるわけですが、その中でもこれはいい!と感じた”マニャーナの法則”をご紹介したいと思います。
“毎日忙しいのは新規の仕事に惑わされているから” の続きを読む

カスタマイズできて使い込むほど味が出てくる手帳「トラベラーズノートブック」

世の中には色々な手帳が出ています。

わたしも社会人になってからいろんな手帳を試してきました。A4サイズのものからパスポートサイズのもの、始めから一定量綴じられているものからリフィルのもの。

振り返って見るとどれも1年持たずに買い替えていましたね。
いろいろやり方を変えているせいでもあるのですが、使い終わっていないノートがたくさんありますw

そんな私がここ1年以上使い続けているが「トラベラーズノート」です。

今回はそんなトラベラーズノートのどこがいいのかをご紹介したいと思います。
“カスタマイズできて使い込むほど味が出てくる手帳「トラベラーズノートブック」” の続きを読む

瞑想に役立つアプリを探していたら「Workflow」というアプリがぴったりでした。

マインドフルネスという言葉が一般的になりつつありますが、それに伴って瞑想系のアプリが増えてきました。それでも自分の理想とするアプリが見つかりませんでした。そんな時に「workflow」というアプリに出会ったのです。

瞑想に役立つアプリを探していたら「Workflow」というアプリが私にぴったりでした。

マインドフルネスというワードが最近色々な本に出てきます。

欧米の起業家の間で話題になり、日本に逆輸入されてきた感がある瞑想ですが、フォトリーディングを学んだことをきっかけに私も実践する様になりました。

まとまった時間を作るのが難しいので毎朝数分だけやると決め、そのためにキッチンタイマー的なアプリを瞑想アプリを探したのですがしっくりくるものがありませんでした。

そんな時に見つけたのが「Workflow」というアプリでした。

“瞑想に役立つアプリを探していたら「Workflow」というアプリがぴったりでした。” の続きを読む