シンプルで高級感があっていい匂い!プロッターのシステム手帳をレビュー

仕事効率化エイジング,プロッター,レザー,仕事効率化,手帳

1枚革のシンプルなデザインに物欲が刺激されました。

手帳とか文房具が好きで色々みてるんですが、基本的にはもう必要なものは揃ってます。

ですが、そんな状態でも見た目に惚れて買ってしまいました。

見た目だけではなく、コンセプトもカッコイイです。

A creator with the imagination to shape the future.

創造力で未来を切り拓くひとのために

やっぱりコンセプトとかって大事ですねぇ。

今回はプロッターのシステム手帳がどういうもので、どこに惚れたのかご紹介したいと思います。

Plotter(プロッター)とは

About PLOTTER | PLOTTER(プロッター)

プロッターとは株式会社デザインフィルが展開している一つの事業で、クリエイティブワークを愉しむ人たちのための、さまざまなツールを展開するブランドとして2017年に誕生したものだそうです。

実は、このデザインフィルという会社はトラベラーズノートの運営もしている会社で、トラベラーズノートとプロッターは兄弟ということになりますね。

ちなみに“ PLOTTER ” は 、[ 計画する人 、 主催する人 、 構想する人]を表す言葉だそうです。

前述のようにクリエイティブな活動をサポートするために様々なものをラインナップしているのですが、その中の一つが今回私が購入したシステム手帳です。

Leather Binder | PLOTTER(プロッター)

レザー1枚で作ってる

プロッターのシステム手帳の大きな特徴は1枚革のシンプルなデザインではないでしょうか。

プロッターのシステム手帳 デザインの特徴
贅沢に使った1枚のレザー

レザーのラインナップも数種類あるようですが、どれもこだわりのあるレザーを使用していて、使えば使うほど味が出て行く設計になっています。

私はプエブロのベージュを購入しました。

エイジングのことを考えたらプエブロが1番カッコよくなりそうでしたし、レザーも硬く書きやすいかなぁと考えたからです。

私は青系の色が好きなので、ネイビー系の色のものを多く持っていたのであえて色はベージュにしました。プエブロのネイビーはかなり黒に近く、青さが少なかったですし、リスシオのブルーも青というよりは緑が近いということもありました。

システム手帳としての機能性

レザーで作っているものは特にどうだと思いますが、システム手帳は開きにくいんですよね。

バインダーをレザーの中にうまく隠すことで開いた時に背中の部分がグニャってなります。それで机の上に置いた時にちょっと書きにくい。

このプロッターのシステム手帳は1枚革で作っていて、あえてバインダーを隠さないことで180度開くことができます。

プロッターシステム手帳180度綺麗に開く
180度綺麗に開く

ちょっとしたことですが、こういう簡単なことでストレスが減って日々の使用に馴染みます。

プロッターのシステム手帳は6穴式の細めのリングを使用しています。

この業界のことはわかりませんが、高品質のクラウゼ社という会社のものを使用しているそうです。

一時期私もシステム手帳を使用していましたが、このリングがけっこう厄介なんですよね。

左側のページに書く時にリングが邪魔で書きにくい。

細めのリングを使用しているので多少このストレスを少なくできていますが、完全にはなくせていないです。システム手帳を使う場合はバインダーからリフィルを取り出して書くということが必要ですね。

プロッターの手帳はシステム手帳でサイズはA5、バイブル、ナロー、ミニの4サイズ展開です。

プロッターのリフィルもこだわりがあってかっこいいんですが、システム手帳で一般的なサイズなので他社のリフィルも使用できます。これもまた良いです。

システム手帳のリフィルはかなりいろんな種類が考え出されていて、使いたくなるものが多いです。

実際、私は色々と物色してプロッターのもの以外のリフィルも使用しています。

特に気に入っているのは月間7のリフィルで折りたたんで収納するスタイルが好きで、習慣トラッカーとして使いやすいです。

習慣トラッカーをプロッターに収納
習慣トラッカーをプロッターに収納

経年変化 7ヶ月

購入して7ヶ月が経ちました。

今はこういうふうになっています。

ホームページに書かれているように全くクリームなどは塗っていません。

全体的に深い色合いになり、よく当たる部分は黒くなってきています。

照明の当たり方でどうしても光沢があるように見えてしまいますが、実物はそれほど光沢がない印象です。

バインダーの部分はレザーカバーをつけているのでそれほどバインダーの跡は出ていないかなぁと思います。

ツールにこだわる

私にとって手帳は自分を高めるためのツールになっています。

ありたい自分になるために自分を高めること、それが今の私の人生の重要な要素になっています。

大袈裟な言い方ですが、一つの重要な生き方ですね。

そういう考え方をすると手帳にこだわるということは生き方にこだわるということになります。

プロッターのシステム手帳は諸々考えると2万円ほどかかりましたが、より良い生き方のためには高くない投資だと思います。

そういう部分もあって他にも文房具にお金をかけていますねw

人によってスタイルがあると思うので、それが手帳や文房具ではない人も多いと思いますが、自分のスタイルが確立してきたらそこにお金をかけるというのは自分の人生を主体的に生きることになると思うのでそこに徹底的にこだわることはとても良いことだと思います。

自分のスタイルを確立させること自体も時間がかかることだと思いますが、自分の生き方にぴったりとくるものを見つけることができると人生に彩りが出てくると思います。

トラベラーズノートと比較したら・・・

手帳と言ったらトラベラーズノートも有名です。

前述の様にプロッターと同じ会社が手掛けているトラベラーズノートと使用感を比較した記事も書いていますのでぜひこちらもご覧ください。

Instagramでも紹介しています。

Instagramではプロッターの他にも使っていてワクワクするグッズを紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ぜひブログをフォローしてください。