プロッターとトラベラーズノートを比較して、結論は「どっちかは選べないw」

仕事効率化PLOTTER,エイジング,トラベラーズノート,プロッター,手帳

どっちにもいいところがありますw

手帳界隈では有名ではないでしょうか。プロッターとトラベラーズノート。

私はどっちも使っています。

シンプルな見た目でレザー好きに突き刺さるそのデザイン。

手帳を探し始めると大体出てくると思います。

似ているがためにどちらが良いのか迷われる方もいらっしゃると思いますが、私個人的な評価を紹介したいと思います。

どちらも良い所、悪い所があり、どっちかは選べないです〜w

プロッター、トラベラーズノートとは

簡単にいうと、どちらもレザーを使った手帳カバーです。

Instagramやピンタレストなどで写真がたくさん出てきますが、手帳の世界ではブランドとしての認知度はかなり高いのではないでしょうか。

それぞれのホームページ

PLOTTER(プロッター)

TRAVELER’S COMPANY | 旅するように毎日を過ごすための道具

旅するように毎日を過ごすための道具をテーマに、トラベラーズノート、ブラスプロダクト、スパイラルリングノート等のプロダクト、直営店舗「トラベラーズファクトリー」を展開。TRAVELER’S notebook, BRASS PRODUCTS, SPIRAL RING NOTEBOOK, TRAVELER’S FACTORY

わたしのブログでのレビュー記事

それぞれの使い勝手や良いところをこちらの記事で詳しくレビューしています。

サイズの種類

数だけでいえばプロッターの勝ちです。

プロッターはA5、バイブル、ナロー、ミニの4種類です。

トラベラーズノートはレギュラー(A5スリム、A5を半分くらいにしたイメージ)とパスポートサイズの2種類です。

ただ、これは好みもあると思います。自分の好みのサイズがどちらにあるのか、それによるでしょう。

色の種類

こちらも数だけでいえばプロッターの勝ちです。

プロッターはレザーの種類が4種類あり、それぞれ3から5色の色があるのでそれぞれを数えると16色あります。

トラベラーズノートはブラック、ブラウン、キャメル、ブルーの4色です。

これらは標準で用意されているもので、どちらのブランドでも期間限定で新しい色が出たりしてます。

プロッターではブライドルレザーのものやコードバンのものなどが過去にあったようですし、トラベラーズノートではオリーブやそれだけではなく色々な企業とコラボしたものがあったりします。

コラボレーションという部分ではトラベラーズノートの方が多いですね。(プラダとコラボした時はびっくりしましたw)

レザーの風合い

使っているレザーはプロッターの方が高級だからか、プロッターの方が良いと思います。

わたしが購入したのはプエブロという種類ですが、レザーっぽさがいいです。

トラベラーズノートの方はのっぺらしているというか、経年変化はあるんですが、あんまり好みじゃない・・・。気にいるものになるようにいろいろ試していますw

プロッターの方がわたしの好みの深みのある感じに変化していきそうな予感がします。

そういう意味でプロッターの方が良いかなぁと思います。

それぞれ経年変化でこうなります。

それぞれ独特のレザーを使用しています。

私はトラベラーズノートはブルーのレギュラーサイズ、プロッターはバイブルのベージュを使用しています。

詳しくは先ほども紹介したこちらの記事で紹介しています。写真もたくさん載せているのでぜひご覧ください。

リフィル種

これは断然プロッターです。

プロッターはシステム手帳なので他社の一般的なシステム手帳用のリフィルを使用できます。

プロッター 他社のリフィルを使える
わたしも他社のリフィルを使っています。

トラベラーズノートはA5スリムという独特なサイズでノートを挟んでいくスタイルなので他社の手帳で使えるものというは少ないです。

書きやすさ

これはトラベラーズノートの方が良いと思います。

プロッターはやはりシステム手帳なのでバインダーがあります。

バインダーがあるとそれが邪魔になって書きにくいですし、ページを跨いでメモなどを書きにくいですね。

トラベラーズノートは普通のノートを束ねている感じなので段差がありすぎると書きにくいですが、ページを跨いだ書き方などもできます。

プロッターとトラベラーズノートの比較 トラベラーズノート
トラベラーズノートはノートを重ねて挟みます。

値段

どちらが安いか、でいうとトラベラーズノートが断然安いです。

プロッターは革の種類やサイズによりますが、わたしが購入したプエブロのバイブルサイズだと15,400円。

トラベラーズノートはA5スリムのレギュラーサイズで4,400円。

導入はトラベラーズノートの方がしやすいですね。

表にまとめると・・・

評価項目プロッタートラベラーズノート
サイズ42
16
(レザー種違い含む)
4
レザー
(エイジング感)
×
リフィル種
書きやすさ
値段15,400円
(プエブロ バイブル)
4,400円
(レギュラーサイズ)
私の独断と偏見で評価しております。

結局、どちらがおすすめか

結局、どっちがいいのか、ですが、わたしはどちらか選べませんw

機能性だけ考えればトラベラーズノートのほうがいいですが、見た目のことを考えるとプロッターの方が圧勝です。

こちらの記事でも書きましたが、トラベラーズノートの方がわたしのやりたいことを実現できます。

リフィルのポテンシャル的にはプロッターでも実現できますが、あまり多くのリフィルを入れられないので思うようにはいかないでしょう。

わたしは日々のスケジュールやタスクの管理をトラベラーズノートで、アイデアの記録や考えを深める作業をプロッターでやっています。

プロッターを使いたかったからこれらの作業をプロッターでやるようにしたんですが、思った以上にフィットしていて、この役割分担が定着しました。

いずれにしてもどのような作業をやろうとしているのか、それがどちらの方が自分に合いそうなのかが大事だと思いますし、何より、こだわりを持って使うものを選ぶということが良いのではないでしょうか。

手帳はいつも持ち運ぶものです。仕事では特にそうだと思います。

仕事は人生の大半を占めるわけですから、そこにこだわるということは生きることにこだわると言っても過言ではないと思います。

こだわりは誰にでもあると思います。そんなこだわりの人助けになれたら嬉しいです。

Instagramでも紹介しています。

プロッターやトラベラーズノートなどわたしが生きることにこだわったアイテムをInstagramで紹介しています。よろしければこちらもご覧ください。

ぜひブログをフォローしてください。