サクラクラフトラボ003のリフィルを互換性のあるリフィルに変えてみた

仕事効率化サクラクラフトラボ,サクラクラフトラボ003,ボールペン,文具,経年変化

サクラクラフトから発売されている「サクラクラフトラボ」シリーズ。

大人の文房具として書くことを楽しめるように開発されたこれらのシリーズは高級ボールペンの中でも手の届きやすい価格帯でこだわりを持った大人にもおすすめできる文房具だと思います。

そんなサクラクラフトラボのボールペンですが、実はリフィルが結構使いにくい。

003は特にインクが途切れやすいと感じています。

太さも太いので好みが分かれるところだと思います。

リフィルが気に入らなかったら書いていて面白くないですから、とりあえず他のボールペンのリフィルが使えないか確認してみました。

サクラクラフトラボ003とは

サクラクラフトラボとは冒頭でも書いたようにサクラクレパスが大人のための文房具を作ろうと立ち上げた一つのブランドで、その第3弾で発売されたのが今回の主役「003」です。

この003は真鍮製のものとアルミ製のものがあり、私はアルミ製のものを購入しました。

使っていくうちにどんどんエイジングしていく、その経年変化を楽しむのも大人な感じを演出していますが、アルミの場合はこんな感じでエイジングします。

と、私のようなエイジング好きにはたまらないコンセプトのボールペンなのですが、リフィルがあまり好みではありません。

書いていると途切れてしまう瞬間がある、というのが1番ダメでしたが、ペン先の太さが太いというところもあまり好きでありませんでした。(初めはそれがいいかもと思ったんですけどね。)

そういうことでリフィルを交換できないか実験してみました。

リフィルのサイズ

サクラクラフトラボのボールペンは全てそうなのですが、専用のリフィルになっていて、基本的には専用のリフィルを購入する必要があります。

サクラクラフトラボ003はボールペンのサイズが短めなのでリフィルのサイズも特殊です。

実測ですが、長さ81.6mm、1番太いところが直径5.4mmとなっています。

この太さが合うリフィルは他にもたくさんあるのですが、まず、この長さに合うリフィルがほとんどありません。

サクラクラフトラボ003 他社のリフィルと交換 サイズ比較
手書きですが、細かい寸法比較。uni bal oneというリフィルと比較してます。

ただ、太さが合いそうなリフィルはたくさんあるので、長さを合わせさえすれば良いのです。

寸法に合わせてカット

ということで、長さが合うように切ってしまえば良いということに気づきましたので切ってみようと思いました。

そこで同じような太さになるリフィルを探してみましたが、ある問題が。

それは新品ではインクが入っている部分をカットしなければいけないということです。

サクラクラフトラボ003 太さが合うリフィルをカットする
矢印部分で切る必要がありますが、そこには透明な液体が!

つまり、新品をそのまま使おうとするとインクを少し無駄にするのか、いくらか汚れるのか、いずれにしても何か負の現象を許容する必要があります。

実はこの写真の手前のものがサクラクラフトラボ003の長さに合わせてカットしたリフィルなのですが、これはすでに使い終わったサクラクラフトラボ001のリフィルです。

長さを揃えればちゃんと使うことができました。

サクラクラフトラボ001のリフィルをカットして003で使う
003の長さに合わせてカット。ハサミの刃を当てながらくるくる回して切りました。
サクラクラフトラボ003用にリフィルをカット
長さを合わせて切ったあと

今回はたまたま使い終わったリフィルがあったのでこのようにしましたが、他社のリフィルをカットして使用する場合は注意が必要そうです。

カットすればと使えそうなリフィル

今回はサクラクラフトラボ001のリフィルをカットして003に挿入してみたところ問題なく使用できました。

ちなみにサクラクラフトラボ001でもリフィルを交換して使っているのですが、それは手書きの比較表にも載せた「uniball one」というボールペンのリフィルをカットして使っています。

そのため、uniball oneのリフィルの長さをサクラクラフトラボ003の長さに変えても使用できそうです。

無印良品のボールペンのリフィルもカットすれば001で使用できるのですが、003アルミの場合は太さが合わず使用できませんでした。

サクラクラフトラボ003に無印良品のリフィルは入らない
サクラクラフトラボ003に無印良品のリフィルは入らない

ということで、太さが003にあったものであればカットして使えそうなので、太さが合いそうなものを確認してみました。

私の方では確認していませんが、寸法上は使えそうな気がします。

最後のジェットストリームのものは太さが細いですが、001では使用できるという情報があったので003でも使用できるかもしれません。

リフィルアダプターという手も!

このように他社のリフィルに交換することも可能ということはわかりました。

しかし、インクが漏れないところまで使用した上でカットまでしなければいけないというのは少し時間がかかりすぎます。

新品をそのままカットしても使えるということですが、インクが漏れるのは少し嫌でした。

そこで既製のリフィルを003でも使えるようにする方法はないかと考えた結果、リフィルアダプターというものを作ってみました。

多機能ボールペンなどで使用される細いリフィルを003でも使えるようにする変換です。

こうすれば新品のリフィルをそのまま使用できます。

いかがだったでしょうか。

サクラクラフトラボのコンセプトは共感できるとてもかっこいいものだと思います。

リフィルもこだわって作っていらっしゃると思いますが、それでも自分の気に入った書き味というものも大切にした方が良いとも思います。

これからサクラクラフトラボを購入しようとしている方にも、すでに購入したという方にもこの記事が参考になれば幸いです。

ぜひブログをフォローしてください。